読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトー手探りオタ母育児備忘録。

3才のムスメと1才のムスコのオタク母による育児備忘録。もちろん時々オタクな日記です。書いたり描いたり、愚痴ったり。

私の、2人の『父』について。

雑記 家族紹介 はじめまして。

今回の記事は
ちょっとしんみり系。(故人の話です)
かなり長文になります。
苦手な方はスルーして下さいね。

◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇


10月の末、
お義父さんの誕生日でした。

実は私、
会ったことはありません。
ブログでも出てこないでしょ?

ダンナが30代前半の頃、
亡くなったそうです。
来年で13回忌。
40代後半、
くも膜下出血で突然だったとか。
(そういえば、ダンナが、だいぶ歳が(親父に)追いついたなーとかこの前ポソッと言ってたな)

ダンナ達に聞かされる話は、
『とにかく娘(義妹さんですね)LOVEな、誰からも頼られるお父さん』。
当の義妹さんは愛を込めて『あのくそオヤジはー』なんて言ってますが、可愛がられてた自覚はあるみたい(笑)

私は、そんなお義父さんの話をダンナ達にして貰うのが大好きです。


少し私の話もしますね。

私の両親は2年前に離婚しました。
夫婦仲は…私が中学生の頃には冷め切ってた記憶があります。
忘れもしない、中学3年の受験シーズンっていう一番デリケートな時期、
父は自分がした賭け事の借金苦に家出しました。
根性の無い人なので、あっさり1カ月後に市内で見つかったんですが…
私はこの頃から父と距離を置き始めました。
また3年後。
今度はまた、高校3年の卒業間際に家出。
気にしてたつもり無かったけど、
円形に脱毛なんかしちゃったりして、
なんとか早く治そうと病院に通ったりしました。
…女子高生が円形に脱毛ですよ?
まして卒業して就職控えてんのに。
恨まざるおえないでしょ。
そんな訳で、私は実父が嫌いです。
学生の頃は、名前が変わるのも嫌だったし、私から卒業するまで離婚しないでってお願いした。
卒業してからは家出したい気満々だったけど、
母もいるし、
兄はなかなか仕事に定職できないタイプの人間で、全く頼りにならず、
家計の為に、お空を守るお手伝いの仕事に就いてくれた双子の弟の事を思うと
家出なんて出来ませんでした。
それから数年。
母が肩代わりした借金も残り少なくなり、
母は、父が可哀想だから今更別れられない、
と言っていましたが、
私が結婚して県外に嫁いで、
自分の子供や家族を守る事を
実家の外で経験して…
あえて、母に、父と離婚するように説得しました。
絶対に、母の為にもならないと思ったから。それに、ダンナ達に金たかりに来そうな気配したから、できる限りの縁を切って欲しかった。
だから離婚したのが2年前なんて最近なんです。
ダンナと結婚したのは離婚する前でした。
バージンロードを父と歩きたくない一心で、簡単な式にして貰いました。
…母は本当に明るくなりました。
最近は私より若々しい(笑)
母は私と弟という双子を育て上げた強者なので、育児の話も気軽に出来るようになった。
兄弟の中で
既婚して子持ちは私だけなので、
今はおチビ達が可愛くて仕方ない(^^;
父の所為で私らにお金かけてやれなかったから、
その分、おチビ達の事、いっぱいしてやるからねと言っています。


…と、そんな訳で、
すっごい『家族思いなお父さん』に
憧れがあります。
だから、お義父さんの事好きなんです。
『孫』も欲しかったんだって。
それも『女の子』の。(^^;
だから『ゆーさん』の事、凄く可愛がってくれたんだろうな。
『跡継ぎ』のけー氏も可愛がってくれたかな。
けー氏は
お義父さんそっくりらしい。
もしかして生まれ変わりなのかな。
けー氏の名前の漢字には、
1字、お義父さんの名前の字を頂きました。(私の希望です)

ダンナとは
お義父さんが亡くなる1年くらい前に、すでに地元のTRPGサークルで知り合ってて、
仲良く一緒にTRPGさせて貰ってましたが、
お義父さんが亡くなった事で、
家の管理とか長男の重圧とか
もう色々大変で、
何より自分の父親が亡くなるまでに結婚してやれなかったと、
ダンナが、
何か神様に願い事したらしいんですよ。
(神社に行けなくても
家に神棚ありますからね。)
『誰かいい人いませんか』って。
そしたら夢の中だかで
『あの子ならどうよ?』
ってお告げが来たとかなんとか?(笑)
それが私だった、
とか聞きました。

…何それ、神託じゃね?




会ったことも無いし
話聞いただけだから
ダンナ達の美化がかなり強い、
のは理解してます。
でもね、
私にはまさに理想の『父』なんです。

私が結婚したあたりは
まだ毎日拝んでた仏壇も
義母は最近、
自分に悩み事かなんかある時にくらいしか拝みに行かなくなったし、
お墓だって、
ともすると月命日は私達家族に行かせて、自分はめんどくさいから行かないとか言うし…
働いたりして忙しい訳でも無いのに
ダンナ産んでからほぼ専業主婦)
自分の旦那の月命日に行くのが面倒ってなんだよ。
亡くなったばかりの数年は
魂が抜けたみたいだったって
ダンナが言ってたけど、
そんなめんどくさくなるもんかな
亡くなった人をぞんざいにしてほしくないので、
したくなければ来なくていい。
こころの中で『面倒』なんて思ってる人とお墓まいりしたくないし。
むしろ
ダンナとおチビ達と4人で
楽しく和気藹々と
お義父さんのお墓まいりできるので
私は個人的には
義母が来ない方が有難い。
…でも、ねえ?



そんなこんなで
忘れられがちなお義父さん。
私は
誕生日にはケーキを供えて、
父の日には仏壇まわりの掃除、
をしてあげています。

これくらいしか出来る事無くて
ごめんなさい。
多分、
今一番あなたに会いたいのは
私です。
ゆーさん と けー氏には
『じぃじ』が居ないけど
仏壇のそばに置いてある写真を見せて
これが『じぃじ』だよー
って言ったら
2人ともニコニコするから
分かってくれてるかな。

あなたが居たら
お義母さんも
もっとちゃんと
家事やら
おチビ達の育児やら
少しでも手伝ってくれてたかな?
(居ないと言っていい程、
何もしてくれないのに
文句だけは言ってくるんだよねー…)

仏壇でお義父さんにお話してると
結構時間過ぎちゃうんだよね。
相談相手がそばにいないから
いつも愚痴ってごめんなさい。
…勘弁してね。

『嫁』、頑張ります。