読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキトー手探りオタ母育児備忘録。

3才のムスメと1才のムスコのオタク母による育児備忘録。もちろん時々オタクな日記です。書いたり描いたり、愚痴ったり。

私と、色鉛筆の話。

お題「お気に入りの文房具」

何かいいお題でもないかなー
と思ってスロットを回してみたら
『お気に入りの文房具』だって。
あるよ、
ありますよー
語っちゃいますよー(ㅅ´ ˘ `)♡

それは、

色鉛筆
でございます。


あ、
説明に入る前に、
まず私の補足からさせて下さいね(笑)

子供が1歳になった時、
一升餅を背負わせて、
選び取りする風習があるのを
ご存知の方も多いと思いますが、
何だっけ、

『電卓、ソロバン』は『商売』

『お金、財布』は『金持ち』

『筆』は『芸術、物書き』

の才能を持ってる
とかナントカ。

私、アレで真っ先に
『筆』を選んだんだそうで(笑)
…本当にそうなるかはともかく、
趣味にはなってるので
凄くないですか?
ちなみに
私の双子の片割れ君は
真っ先にお金を選んで、
今私の兄弟の中で一番稼いでいる、
飛ばずにお空を守ってる人です(笑)

選び取り、侮りがたし。

そんな感じだったからか、
母に、
『アンタに初めて与えたおもちゃは
紙とペンだったっけ?』
と言われるほど、
物心ついた頃から
紙に落書きばかりしてた人間でして^_^;
お小遣いが
ある一定額まで貰える様になる中学生時代には
こそこそと同人活動までしてるくらいでした。
カラーはインクが無いから出来ないし、
大抵は同人便箋(笑)

今でこそ150本持ってるコピックですが、
今から20年前?
当時は
田舎だから
まず売ってないわ
あっても値段も高いわ
種類も無いわ…
通販だって、
まだカタログ通販が主流の時代ですよ?
パソコンなんて
家に一台は有るなんて
あり得なかった…そんな時代。
とても中学生には簡単に手に入れやすいシロモノでもなく、
私の愛用品は
目下、『色鉛筆』でした。

気が付いたら
買ったり貰ったりして集めてたの
トンボ鉛筆製品ばかりでしたね。

その中で、
一目惚れならぬ、一塗り惚れしたのが
中学の卒業祝いだったか
高校の入学祝いだったか
で貰った


トンボ鉛筆色辞典』第一集
です!

やーもう、コレ
装丁からしてかっこいいでしょー!
(*゚∀゚*)ムッハー
実際は
第一集・第二集・第三集の3つあって、
それぞれ30色の計90色‼︎(。☉∆☉)ワァオ☆

基本、普通の方は
第一集だけあれば
何とかなります。
第二集と第三集は
更に色にこだわりのある人向けかな。
兎に角ね、


コレに描いた絵に塗る感覚が
柔らかくて
描き心地が手に馴染むんですよー
(*´﹃`*人)♡
(ちなみに↑のスケッチブックは、今このブログに時々載っけてるイラストを描いてるスケッチブックです)

塗り絵初心者さんにオススメです。
画材店によっては、
結構この色辞典の色鉛筆をバラで売ってたりするんで、
興味ある方は試してみては?




あーしかし最近色塗りする隙が
無さすぎて
画材一式が
過去の同人原稿と共に
私の開かずの道具箱の中ですよ
ショボーン━━(´・ω・`)━━



とりあえず、
子供達がもう少し大きくなって、
絵に興味を持ってくれたら
買ってあげようかな、
と思ってる品です。








↓おチビ達に買ってやりたい物リスト
www.amazon.co.jp
↓良ければポチっと。お願いします(^-^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ